奈良で交通事故・後遺症・後遺障害・示談交渉のご相談は交通事故に詳しい弁護士に。弁護士法人i奈良法律事務所。

奈良交通事故被害者相談

  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • アクセス

奈良交通事故被害者相談

納得の行く賠償を得るには医学の知識は必要

交通事故が起こった際には賠償請求をする事が出来ますが、納得の行く金額を貰うためには医学の知識が大切になります。

弁護士は医証を取得する事をお勧めしますが、加害者側はこれを簡単に手に入れる事が出来ない状況も大事な点です。

被害者側は、正当な治療費等の支払いを求める事が出来ますが、医学的な証拠のために必要となる書類がある事を知っておいて損はありません。

むち打ち損傷、神経根症など色々な種類の医学の知識があれば、交通事故の際に有利に事を運べます。

又、加害者側は弁護士が付き、後の手配などを任せていますが、被害者側は弁護士に頼る事なく自分自身で進めなくてはいけません。

しかし、示談や裁判などが分からない人のために事務所が対応している面もあるので、被害者で法律の知識や医学の知識がない時には頼る方向で考える事が大事です。

更に医学的知識だけでなく、保険に関しての知識も必要となるため、自分で対応出来ない事などはすぐに相談するのが得策です。

交通事故の時は医学の知識量が勝負になる

事実的には証拠が必要となるのが交通事の案件となっていますが、医学的知識が勝負になる場面は数多く存在しています。

後遺障害の様なものが考えられる場合などは民事訴訟の知識や法律の知識だけでなく、どの様な経緯で起こり、どの様な結果になる得るのかきちんと伝える必要が出て来ます。

ここで、重要な事は弁護士の中に医学的知識を豊富に持っている人が全てなのかと言うとそうではない事です。

自分が相談した相手が医学的知識があまりない様だと後からの問題に対処出来ない可能性があります。

そのため、治療終了後や継続的に発症する可能性がある時には、より高度な専門的知識が必要となるのを覚えておく事が大切です。

更に、医学の専門知識は弁護士に頼るだけでなく、自分自身でもある程度の知識があると便利と言う事もありますが、やはり、経験豊富に交通事故案件を処理していて、適正となる賠償請求が出来る場所を選ぶ事が大切になります。

そして、可能な限り早期に結果を出す事もとても大切な事だと認識しておく事が大切です。

依頼者とのコミュニケーションが大事

交通事故の案件を確実に処理するためには医学的知識がもちろん必要です。

しかし、弁護士と依頼者との関係が上手く行っていなかったり、状況をしっかりと把握出来ていないと問題が起こる可能性もあります。

出来れば、全ての弁護士が医学的知識を持った上で面談や事情説明をしてくれる場所を選ぶ事が大事です。

更に自分自身でも医学的知識がどこで必要になり、どの様に対応したらいいか分からない点も出て来ると思うので、伝える側にも十分な注意が必要だと言う事を肝にめいじておきます。

医証などは非常に交通事故において必要不可欠である事を知っておき、時間が経つ前に対応する事を覚えておく事も大事な事の一つです。

事故後の病は段々と薄れて行くので、記憶が定か、或るいは起きて間もない間に事情を説明する事が先決です。

大事な事は後回しにせずに消極的にならない事だと話す人もいるので、自分が交通事故に関しての医学的知識が必要だと思ったらすぐに行動を起こし、良い結果に繋がる様に努力をする事も悪くありません。






 



バナー1-1
事故直後からの相談対応
後遺障害認定をサポート
明瞭会計、早期解決の徹底
適正な賠償金獲得
交通事故の専門家によるトータルサポート

メニュー

Access 対応エリア
Copyright © 2010 弁護士法人i 奈良法律事務所 All Rights Reserved.
〒630-8238 奈良市高天市町11番地1 高天飯田ビル301号室