奈良で交通事故・後遺症・後遺障害・示談交渉のご相談は交通事故に詳しい弁護士に。弁護士法人i奈良法律事務所。

奈良交通事故被害者相談

  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • アクセス

奈良交通事故被害者相談

  • TOP
  • RSDなどの特殊の頭痛の後遺障害

RSDなどの特殊の頭痛の後遺障害

 症状固定後に疼痛が存在することは珍しくありませんが、自賠責保険上、特殊な疼痛として位置づけされているのが、カウザルギー、RSD、CRPS、繊維筋痛症です。

カウザルギーとは、外傷性の神経損傷によって発生する灼熱痛、非有害刺激で正常な皮膚におこる疼痛であるアロデニア(allodynia)及び痛覚異常過敏です。
RSDとは、反射性交換神経性ジストロフィーという激烈な疼痛を伴う障害状態のことです。

近時は、RSDの名称が必ずしも病態を反映していないとしてCRPSとして「複合性局所疼痛症候群」として定義されています。
 
1996年より、カウザルギーがCRPDのtypeⅠ、RSDがCRPSのtypeⅡと定義されています。
また近時注目されている特殊な疼痛としては、繊維筋痛症があります。繊維筋痛症は、圧痛以外の他の他覚的所見がないにもかかわらず、前進に疼痛をきたす疾患です。

RSDなどの特殊の頭痛の後遺障害

7級4号 軽易な労務以外の労働に常に差し支える程度の疼痛があるもの
9級10号 軽易な労務に服することができるが、疼痛により時には労働に従事することができなくなるため、 就労可能な職種の範囲が相当な程度に制限されるもの
12級13号 通常の労務に服することができるが、時には労働に差し支える程度の疼痛が起こるもの


交通事故問題について

  nagasawa-egao0005.png
 
ilm05_ca02019-s.png   料金表について
ilm05_ca02019-s.png
交通事故問題解決までの流れ
ilm05_ca02019-s.png   加害者の3つの責任
ilm05_ca02019-s.png   後遺障害に関する損害
ilm05_ca02019-s.png   請求できる損害
ilm05_ca02019-s.png   交通事故で使える保険
ilm05_ca02019-s.png   保険会社の請求に納得できない!
ilm05_ca02019-s.png   後遺障害の認定に納得できない!
ilm05_ca02019-s.png   交通事故に遭ってしまったら・・・



奈良市の交通事故問題のことなら奈良交通事故被害者相談にお気軽にご相談ください。

 交通事故問題に関するご相談は、奈良交通事故被害者相談へ

 






 


 
事務所案内.PNG  
 
ast_15405d.jpg
奈良交通事故被害者相談の案内
事務所の特徴.PNG
奈良交通事故被害者相談の特徴
弁護士紹介.PNG
奈良交通事故被害者相談の弁護士
アクセス.PNG
  奈良交通事故被害者相談へのアクセスはこちら
Copyright © 2010 弁護士法人i 奈良法律事務所 All Rights Reserved.
〒630-8238 奈良市高天市町11番地1 高天飯田ビル301号室