奈良で交通事故・後遺症・後遺障害・示談交渉のご相談は交通事故に詳しい弁護士に。弁護士法人i奈良法律事務所。

奈良交通事故被害者相談

  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • アクセス

奈良交通事故被害者相談

  • TOP
  • 下肢(股関節・膝・足首・足指)の後遺障害

下肢(股関節・膝・足首)の解決事例


No.10 女性(27歳)・後遺障害等級認定なし:極めて短期間(10日間!)で解決した事例(賠償金は約1.28倍増)


No.13 男性(53歳)・後遺障害等級認定12級7号:症状固定後の交通費などが実質上認められた事例


No.14 女性(80歳)・後遺障害等級認定なし:後遺障害等級認定がなかったにも関わらず、2倍以上の増額となった事例


No.15 女性(65歳)・後遺障害等級認定なし:自転車同士の事故で、こちらにも過失があった事例


No.17 女性(51歳)・後遺障害等級14級9号:タクシー乗車中に衝突された事例


No.23 男性(46歳)・後遺障害等級12級6号:後遺障害等級認定12級7号:申告額と異なる収入が認められ約440万円増額した事例


No.48 女性(66歳)・後遺障害等級認定なし:保険会社から治療打ち切りされていたが、弁護士の交渉により治療費が認められた事例


No.49 女性(81歳)・後遺障害等級認定10級11号:弁護士が提示した金額に対してすぐに交渉がまとまった事例


No.51 男性(61歳)・後遺障害等級認定なし:既往症があり交渉が難航したが依頼者の納得のいく解決ができた事例


No.53 男性(46歳)・後遺障害等級認定なし:治療費を一方的に保険会社に打ち切られた場合の事例

下肢(股関節・膝・足首・足指)の後遺障害

下肢(股関節・膝・足首)の障害の分類としては、欠損障害、機能障害、変形障害、短縮障害の4種類があり、足指の障害の分類としては、欠損障害、機能障害があります。   上肢.gif
 
欠損障害・・・下肢を失った場合
機能障害・・・例えば下肢の3大関節が完全に硬直した場合や、関節の運動可動領域に制限が残った場合など、下肢の機能に障害が残った場合
変形障害・・・下肢に偽関節を残した場合や、骨折後変形癒合して大腿骨が湾曲してしまった場合
短縮障害・・・下肢の長さが短縮した場合。短縮した長さによって、等級が変わります。
 

下肢(股関節・膝・足首)の後遺障害

下肢の欠損障害

1級5号 両下肢をひざ関節以上で失ったもの
2級4号 両下肢を足関節以上で失ったもの
4級5号 1下肢をひざ関節以上で失ったもの
5級5号 1下肢を足関節以上で失ったもの
7級8号 足をリスフラン関節以上で失ったもの

下肢の機能障害

1級6号 両下肢の用を全廃したもの
5級7号 1下肢の用を全廃したもの
6級7号 1下肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
8級7号 1下肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
10級11号 1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
12級7号 1下肢の3大関節中の2関節の機能に障害を残すもの
 

下肢の変形障害

7級10号 1下肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
8級9号 1下肢に偽関節を残すもの
12級8号 長管骨に変形を残すもの

下肢の短縮障害

8級5号 1下肢を5センチメートル以上短縮したもの
10級8号 1下肢を3センチメートル以上短縮したもの
13級8号 1下肢を1センチメートル以上短縮したもの

足指の欠損障害

5級8号 両足の足指の全部を失ったもの
8級10号 1足の足指の全部を失ったもの
9級14号 1足の第1の足指を含み2以上の足指を失ったもの
10級9号 1足の第1の足指又は他の4の足指を失ったもの
12級11号 1足の第2の足指を失ったもの、第2の足指を含み2の足指を失ったもの又は第3の足指以下の3の足指を失ったもの
13級10号 1足の第2の足指の用を廃したもの、第2の足指を含み2の足指の用を廃したもの又は第3の足指以下の3の足指の用を廃したもの

足指の機能障害

7級11号 両足の足指の全部の用を廃したもの
9級15号 1足の足指の全部の用を廃したもの
11級9号 1足の第1の足指を含み2以上の足指の用を廃したもの
12級12号 1足の第1の足指又は他の4の足指の用を廃したもの
13級10号 1足の第2の足指の用を廃したもの、第2の足指を含み2の足指の用を廃したもの又は第3の足指以下の3の足指の用を廃したもの
14級8号 1足の第3の足指以下の1又は2の足指の用を廃したもの

詳しくは厚生労働省の胸腹部臓器の障害等級認定基準をご確認ください。

交通事故問題について

  nagasawa-egao0005.png
 
ilm05_ca02019-s.png   料金表について
ilm05_ca02019-s.png
交通事故問題解決までの流れ
ilm05_ca02019-s.png   加害者の3つの責任
ilm05_ca02019-s.png   後遺障害に関する損害
ilm05_ca02019-s.png   請求できる損害
ilm05_ca02019-s.png   交通事故で使える保険
ilm05_ca02019-s.png   保険会社の請求に納得できない!
ilm05_ca02019-s.png   後遺障害の認定に納得できない!
ilm05_ca02019-s.png   交通事故に遭ってしまったら・・・



奈良市の交通事故問題のことなら奈良交通事故被害者相談にお気軽にご相談ください。

 交通事故問題に関するご相談は、奈良交通事故被害者相談へ

 






 


 
事務所案内.PNG  
 
ast_20983.JPG
奈良交通事故被害者相談の案内
事務所の特徴.PNG
奈良交通事故被害者相談の特徴
弁護士紹介.PNG
奈良交通事故被害者相談の弁護士
アクセス.PNG
  奈良交通事故被害者相談へのアクセスはこちら
Copyright © 2010 弁護士法人i 奈良法律事務所 All Rights Reserved.
〒630-8238 奈良市高天市町11番地1 高天飯田ビル301号室