奈良で交通事故・後遺症・後遺障害・示談交渉のご相談は交通事故に詳しい弁護士に。弁護士法人i奈良法律事務所。

奈良交通事故被害者相談

  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • アクセス

奈良交通事故被害者相談

  • TOP
  • 高次脳機能障害

脳の解決事例


No.11 女性(28歳)・後遺障害等級9級10号(高次脳機能障害)、12級14号(外貌醜状):加害者の悪質さ程度と怪我の大きさの程度が慰謝料等に考慮された事例

No.12 男性(76歳)・後遺障害等級12級13号:裁判基準全額が認められた事例

No.52 女性(20歳)・高次脳機能傷害7級4号:外傷性てんかんに関する事例

No.54 男性(42歳)・後遺障害等級認定併合6級:自営業者の基礎収入の算定が課題になった高次脳機能障害の事例

高次脳機能障害について

高次脳機能障害とは、脳に重大な損傷を負い、一見普通に見えても、以前と比較すると記憶力が低下していたり、感情のコントロールができなくなっていたり、作業の反復継続ができなくなっていたりといった、症状があらわれ、高度な脳機能が障害された状態を言います。

 

高次脳機能障害の症状

・新しいことを覚えられない
・疲れやすくなり、意欲や行動力が低下した
・感情のコントロールができず、暴力を振るうこともある
・記憶力が低下した
・同じ話を何度もするようになった
・会話がうまくできないようになった
・人格が変わったと言われるようになった


高次脳機能障害については、「意思疎通能力」「問題解決能力」「作業負担に対する持続力・持久力」「社会行動能力(協調性)」の4つの能力に着目します。
高次脳機能障害は、一見完全に回復したように見えることがあります。
しかし、上記のような症状が見られる場合には、高次機能障害の可能性があります。

ご家族やご友人が「もしかしたら高次脳機能障害かもしれない」と感じられた場合、まずはご相談下さい。

交通事故問題について

  nagasawa-egao0005.png
 
ilm05_ca02019-s.png   料金表について
ilm05_ca02019-s.png
交通事故問題解決までの流れ
ilm05_ca02019-s.png   加害者の3つの責任
ilm05_ca02019-s.png   後遺障害に関する損害
ilm05_ca02019-s.png   請求できる損害
ilm05_ca02019-s.png   交通事故で使える保険
ilm05_ca02019-s.png   保険会社の請求に納得できない!
ilm05_ca02019-s.png   後遺障害の認定に納得できない!
ilm05_ca02019-s.png   交通事故に遭ってしまったら・・・



奈良市の交通事故問題のことなら奈良交通事故被害者相談にお気軽にご相談ください。

 交通事故問題に関するご相談は、奈良交通事故被害者相談へ

 






 


 
事務所案内.PNG  
 
ast_20983.JPG
奈良交通事故被害者相談の案内
事務所の特徴.PNG
奈良交通事故被害者相談の特徴
弁護士紹介.PNG
奈良交通事故被害者相談の弁護士
アクセス.PNG
  奈良交通事故被害者相談へのアクセスはこちら
バナー1-1
事故直後からの相談対応
後遺障害認定をサポート
明瞭会計、早期解決の徹底
適正な賠償金獲得
交通事故の専門家によるトータルサポート

Contents menu

Access 対応エリア
Copyright © 2010 弁護士法人i 奈良法律事務所 All Rights Reserved.
〒630-8238 奈良市高天市町11番地1 高天飯田ビル301号室