奈良で交通事故・後遺症・後遺障害・示談交渉のご相談は交通事故に詳しい弁護士に。弁護士法人i奈良法律事務所。

奈良交通事故被害者相談

  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • アクセス

奈良交通事故被害者相談

  • TOP
  • 解決事例
  • 女性(50歳)・後遺障害等級認定14級:兼業主婦で、いわゆる賃金センサスを基礎収入として逸失利益が認められた事例

No.83

依頼者:女性(症状固定時 50歳)
等  級:14級
傷病名:左膝半月板損傷
職業:兼業主婦


【事故態様】自転車VS自動車
相談者は、自転車に乗車して、交差点を走行していたところ、横から来た相手方運転の普通乗用自動車に接触されるという事故に遭いました。事故後、相談者は治療し、そろそろ症状固定となるため、後遺障害の申請およびその後の示談交渉を弁護士にお願いしようと、当所にご相談に来られました。


 
【交渉過程】
 相談者は症状固定となったから後遺障害の申請をしたところ、14級という後遺障害が認定されました。その後、弁護士が損害額を計算し、相手方保険会社と交渉しました。

 
 
                      ↓

その結果…
293万円で示談することができました!!


              

■今回の解決のポイント■
  相談者は事故当時、パートで働いていましたが、兼業主婦であったため、いわゆる賃金センサスを基礎収入として逸失利益を計算しました。その結果、相手方保険会社はこれを認めて、示談に至りました。兼業主婦の場合は、実際の年収を基礎収入とするのではなく、いわゆる賃金センサスを基礎として交渉することが可能となります。兼業主婦で事故に遭われた方は、是非一度弁護士にご相談ください。


※後遺障害等級認定とは・・・
後遺障害を16等級142項目の等級に分類したものです。 後遺障害部分の基礎となる慰謝料や労働能力喪失率などは、等級に応じて定められております。

バナー1-1
事故直後からの相談対応
後遺障害認定をサポート
明瞭会計、早期解決の徹底
適正な賠償金獲得
交通事故の専門家によるトータルサポート

メニュー

Contents menu

Access 対応エリア
Copyright © 2010 弁護士法人i 奈良法律事務所 All Rights Reserved.
〒630-8238 奈良市高天市町11番地1 高天飯田ビル301号室