奈良で交通事故・後遺症・後遺障害・示談交渉のご相談は交通事故に詳しい弁護士に。弁護士法人i奈良法律事務所。

奈良交通事故被害者相談

  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • アクセス

奈良交通事故被害者相談

  • TOP
  • 解決事例
  • 女性(40歳)・後遺障害等級認定なし:保険会社とのやり取り、後遺障害申請を弁護士が代わりに行った事例

No.82

依頼者:女性(症状固定時 40歳)
等  級:なし
傷病名:右肩打撲傷、頚椎捻挫、急性ストレス反応
職業:会社員


【事故態様】自動車VS自動車
依頼者が自動車で山道の上り坂の右カーブを走行していたところ、対向車線の自動車がセンターラインをオーバーして来たため、これを避けようとしたが、自動車の右前部が接触した。事故直後の時点でご相談にいらっしゃいました。相手保険会社から連絡が入ったものの、同意書の郵送など、どのように対応していったらよいかをご相談に来られました。


 
【交渉過程】
 依頼者は、センターラインオーバーという事故態様から、自動車運転を含む日常生活について恐怖心を抱いていたところ、整形外科だけでなく精神科の病院にも通信していました。しかし、相手保険会社は精神科の病院については、事故との因果関係が不明であるとして治療費の支払いを拒んでいました。そこで、依頼者には健康保険を使って通院を継続していただき、その領収証を用いて被害者請求を行い、相手保険会社が支払ってくれなかった精神科の病院の治療費の回収を行いました。事故態様について図を描いて説明したり、事故後日常生活にどのような不具合が生じているかを詳しく説明して被害者請求をした結果、精神科の病院の治療費を回収することができました。

 
 
                      ↓

その結果…
81万円で示談することができました!!


              

■今回の解決のポイント■
  被害者請求の後、相手保険会社との交渉に移っていきましたが、争点は、慰謝料と休業損害の金額でした。慰謝料については示談ベースで、裁判基準の3分の2などを提示されることもありますが、今回も当初はそのような提示を受けました。他方で、休業損害については、事故当時、依頼者はちょうど仕事をしておらず、その後も特に交通事故とは関係ない事情で仕事を転々としていたことから、休業損害の請求に関する資料がありませんでした。そこで、家事従事者として休業損害を請求しましたが、これについても保険会社は否定的だったものの、粘り強く交渉した結果、慰謝料を裁判基準満額支払うということとなり和解できました。損害項目ごとに見ると難しい請求であっても、損害全体として見た場合には別途賠償金を増額させる手だてはあります。このようなテクニックに習熟した当事務所の弁護士にぜひ一度交通事故の賠償交渉のご相談にお越しいただきたく思います。


※評価損とは・・・
評価損とは、修理歴によって価値が下がったことによる損害です。事故歴・修理歴があると、事故車(修理車)として扱われることになるので、価値が下がります。尚、評価損は、どんな事故の場合でも認められるというものではありません。

バナー1-1
事故直後からの相談対応
後遺障害認定をサポート
明瞭会計、早期解決の徹底
適正な賠償金獲得
交通事故の専門家によるトータルサポート

メニュー

Contents menu

Access 対応エリア
Copyright © 2010 弁護士法人i 奈良法律事務所 All Rights Reserved.
〒630-8238 奈良市高天市町11番地1 高天飯田ビル301号室