奈良で交通事故・後遺症・後遺障害・示談交渉のご相談は交通事故に詳しい弁護士に。弁護士法人i奈良法律事務所。

奈良交通事故被害者相談

  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • アクセス

奈良交通事故被害者相談

  • TOP
  • 解決事例
  • 男性・後遺障害等級認定なし:物損についてスムーズに示談できた事例

No.73

依頼者:男性
等  級:なし
職業:会社員


【事故態様】自動車VS自動車
渋滞で停車していたところに、後ろから追突されました。依頼者はその車には乗っておらず、車の所有者としてご依頼されました。主には、事故当時に車を運転していた妻と同乗していた子のお怪我の賠償に関するご相談でしたが、物損についての示談も弁護士に一任したいということでした。


 
【交渉過程】
 修理代と代車代について、協定通り、特段問題なく処理することができました。

 
 
                      ↓

その結果…
38万720円という額で示談することができました!!!


              

■今回の解決のポイント■
  物損に関しては、争点がすでに顕在化している事例もありますが、特に争点が見えない場合でも、弁護士が介入することで、ご自身で交渉に臨まれるよりも迅速かつスムーズに話がまとまることも多いです。物損について気になることがおありでしたら、お気軽にご相談いただければと思います。


※物損事故から人身事故への切り替え・・・
事故当時は負傷を感じず、物損事故にしてしまい、後日、首や腰に痛みやしびれが生じる場合があります。この場合は、物損事故から人身事故への切り替え手続きができます。

バナー1-1
事故直後からの相談対応
後遺障害認定をサポート
明瞭会計、早期解決の徹底
適正な賠償金獲得
交通事故の専門家によるトータルサポート

メニュー

Contents menu

Access 対応エリア
Copyright © 2010 弁護士法人i 奈良法律事務所 All Rights Reserved.
〒630-8238 奈良市高天市町11番地1 高天飯田ビル301号室