奈良で交通事故・後遺症・後遺障害・示談交渉のご相談は交通事故に詳しい弁護士に。弁護士法人i奈良法律事務所。

奈良交通事故被害者相談

  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • アクセス

奈良交通事故被害者相談

  • TOP
  • 解決事例
  • 男性(29歳)・後遺障害等級認定非該当:後遺障害が認められなくても適正な損害額で示談できた事例

No.59

依頼者:男性(症状固定時 29歳)
等  級:非該当
傷病名:腰椎捻挫、右肩打撲傷
職業:会社員


【事故態様】歩行者VS自動車
相談者が道路を歩行中、後ろから直進してきた相手方車のミラーがXさんの腕に接触しました。事故から約3か月経って、相手方保険会社から治療費の打ち切りを迫られました。どのように対応したらわからずアドバイスをもらいたいと考えご相談に来られました。


 
【交渉過程】
 相手方保険会社より治療費を打ち切られた後も、痛みが継続していたので、その後も通院されました。その後、事故から約半年経って症状固定に至り、後遺障害の申請をしましたが残念ながら非該当でした。そして、保険会社と示談交渉しました。

 
 
                      ↓

交渉の結果…
60万円で示談することができました!!!


              

■今回の解決のポイント■
  今回の事故では、相手方保険会社は当初、事故から約3か月分の損害でしか示談に応じないという姿勢でしたが、早期解決の観点から粘り強く交渉した結果、3か月以上の損害を認めてもらい、示談するに至りました。後遺障害が認められなくても、弁護士に依頼することで、適正な損害額で示談することができるので、是非一度弁護士にご相談ください。


※後遺障害の等級について・・・
労災保険と後遺障害では、認定された後遺障害認定等級が異なる場合があります。

解決事例

No.1 女性(46歳)・後遺障害等級認定なし:自宅付近の事故というストレスを慰謝料に反映させた事例

No.2 男性(46歳)・後遺障害等級認定14級:申告額と異なる収入が認められた事例

No.3 男性(76歳)・後遺障害等級認定なし:担当者の変更により、約束が反故にされかけた事例

No.4 女性(21歳)・後遺障害等級認定14級9号:逸失利益、慰謝料が争われた事例

No.5 女性(38歳)・後遺障害等級認定14級9号:通院慰謝料、後遺障害慰謝料が満額認められた事例

No.6 女性(42歳)・後遺障害等級認定14級9号:労働能力喪失期間の延長が認められた事例

No.7 男性(46歳)・後遺障害等級認定14級9号:求職中の場合に、前職の収入が基礎として認められた事例

No.8 男性(37歳)・後遺障害等級認定なし:保険会社が前言を撤回してきた事例

No.9 男性(37歳)・後遺障害等級12級13号:会社役員の逸失利益が認められた事例

No.10 女性(27歳)・後遺障害等級認定なし:極めて短期間(10日間!)で解決した事例(賠償金は約1.28倍増)

No.11 女性(28歳)・後遺障害等級9級10号(高次脳機能障害)、12級14号(外貌醜状):加害者の悪質さ程度と怪我の大きさの程度が慰謝料等に考慮された事例

No.12 男性(76歳)・後遺障害等級12級13号(外傷性くも膜下出血、脳挫傷など):裁判基準全額が認められた事例

No.13 男性(53歳)・後遺障害等級認定12級7号(左股関節脱臼骨折、外傷性気胸):症状固定後の交通費などが実質上認められた事例

No.14 女性(80歳)・後遺障害等級認定なし(両下腿坐創、左脛骨近位端骨折他):後遺障害等級認定がなかったにも関わらず、2倍以上の増額となった事例

No.15 女性(65歳)・後遺障害等級認定なし(左大腿骨転子部骨折):自転車同士の事故で、こちらにも過失があった事例

No.16 男性(45歳)・後遺障害等級12級(外貌醜状)・頸椎捻挫(14級):原付自転車と自動車の事故で後遺障害慰謝料について裁判基準満額が認められた事例

No.17 女性(51歳)・後遺障害等級14級9号:タクシー乗車中に衝突された事例

No.18 女性(56歳)・後遺障害等級14級:主婦の休業損害および逸失利益が認められた事例

No.19 男性(49歳)・後遺障害等級14級9号:自営業者の逸失利益につき,当初の想定金額より2倍以上の増額に成功した事例

No.20 女性(41歳)・後遺障害等級認定なし:内縁の夫の運転中の事故。主婦の休業損害を獲得し、賠償金を1.5倍にした事例

No.21 男性(46歳)・後遺障害等級12級5号・14級9号:体幹骨の変形による逸失利益を獲得した事例

No.22 男性(18歳)・後遺障害等級14級9号:受任後2週間で84万円アップした事例

No.23 男性(46歳)・後遺障害等級12級7号:申告額と異なる収入が認められ、約440万円増額した事例

No.24 男性(24歳)・肩板損傷,後遺障害等級12級6号:約900万円取得した事例

No.25 男性(69歳)・後遺障害等級14級9号:555万円を獲得した事例

No.26 男性(64歳)・後遺障害等級12級6号:受任後約1ヶ月で賠償金を1.5倍にした事例
  
No.27 男性(4歳)・死亡事故:当初の提示額から1000万円増加した事例
  
No.28 男性(38歳)・後遺障害等級認定なし:交渉によって保険会社から任意で約60万円の休業損害が認められた事例
 
No.29 男性(42歳)・後遺障害等級認定なし:物損を原因とする通勤交通費が認められた事例

No.30 男性(33歳)・後遺障害等級認定なし:長期の通院に対する通院慰謝料が約100万円認められた事例

No.31 女性・物損のみ:相手方に任意保険がなく、相手方本人の資力に不安があり勤務先の使用者責任も問うた事例

No.32 男性(64歳)・後遺障害等級認定なし:保険会社から治療費の打切りを打診されたが弁護士が交渉にあたり満足のいく治療が行えた事例

No.33 男性(40歳)・後遺障害等級認定14級9号:弁護士が代理人として就任したことにより後遺障害慰謝料について裁判基準満額が認められた事例

No.34 男性(42歳)・後遺障害等級認定なし:減収分の収入の支払が認められた事例

No.35 女性(26歳)・後遺障害等級認定なし:主婦業に基づく休業損害が認められた事例

No.36 男性(30歳)・女性(30歳)・後遺障害等級認定なし:弁護士が介入したことにより裁判基準による解決ができた事例

No.37 男性(65歳)・後遺障害等級14級9号:弁護士が交渉に入ったことで早期に示談が成立した事例

No.38 男性(68歳)・後遺障害等級認定なし:受任後示談金が約3倍にアップした事例

No.39 男性(50歳)・後遺障害等級認定14級9号:保険会社の素因減額の主張を退け、示談金額が約10倍になった事例

No.40 男性(22歳)・後遺障害等級認定なし:弁護士が具体的な治療状況を主張することで、裁判基準の慰謝料が認められた事例

No.41 女性(35歳)・後遺障害等級14級9号:弁護士が介入したことにより裁判基準による解決ができた事例


No.42 男性(38歳)・後遺障害等級なし:弁護士が介入したことにより満足のいく治療を行えた事例

No.43 男性(40歳)・後遺障害等級14級9号:裁判所基準での解決ができ、当初提示額の1.5倍の賠償金を得た事例

No.44 女性・男性・後遺障害等級なし:弁護士が介入することにより、治療期間を延長してもらえた事例

No.45 女性(25歳)・後遺障害等級認定なし:過失割合につき、裁判で争った事例

No.46 男性(45歳)・後遺障害等級認定なし:相手方保険会社の担当者が弁護士であった事例

No.47 女性(67歳)・後遺障害等級併合8級:丁寧な後遺障害診断書により、後遺障害等級認定が高くとれた事例

No.48 女性(66歳)・後遺障害等級認定なし:保険会社から治療打ち切りされていたが、弁護士の交渉により治療費が認められた事例

No.49 女性(81歳)・後遺障害等級認定10級11号:弁護士が提示した金額に対してすぐに交渉がまとまった事例

No.50 女性(43歳)・後遺障害等級認定14級9号:ポイントを絞った交渉により早期解決ができた事例

No.51 男性(41歳)・後遺障害等級認定なし:既往症があり交渉が難航したが依頼者の納得のいく解決ができた事例

No.52 女性(20歳)・高次脳機能傷害7級4号:外傷性てんかんに関する事例

No.53 男性(46歳)・後遺障害等級認定なし:治療費を一方的に保険会社に打ち切られた場合の事例

No.54 男性(42歳)・後遺障害等級認定併合6級:自営業者の基礎収入の算定が課題になった高次脳機能障害の事例

No.55 男性(54歳)・後遺障害等級認定なし:通院頻度が少ない場合の事例






バナー1-1
事故直後からの相談対応
後遺障害認定をサポート
明瞭会計、早期解決の徹底
適正な賠償金獲得
交通事故の専門家によるトータルサポート

メニュー

Contents menu

Access 対応エリア
Copyright © 2010 弁護士法人i 奈良法律事務所 All Rights Reserved.
〒630-8238 奈良市高天市町11番地1 高天飯田ビル301号室