奈良で交通事故・後遺症・後遺障害・示談交渉のご相談は交通事故に詳しい弁護士に。弁護士法人i奈良法律事務所。

奈良交通事故被害者相談

  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • アクセス

奈良交通事故被害者相談

むちうちの判別検査

  nagasawa-egao0005.png  
「むちうちかな?」と思われたら判別検査を行ないましょう!

交通事故に遭い、「もしかすると、むちうちなのかな?」と思われていた場合でも、はっきりとむちうちだと分からないとお悩みの方も多いと思います。そのような場合、むちうちかどうかを確認する検査を行なうことで、症状の確認をすることが可能です。

むちうちの判別確認検査には、下記のようなものがあります。むちうちに詳しい弁護士ならば、これらのテストをしっかりと行い、むちうちの状態を判断しています。
 

①スパーリングテスト

スパーリングテストとは、神経根障害について調べる神経学的なテストになります。この検査を行なった場合、神経根に障害があると神経根の支配領域にある放散痛・痺れが生じるため、交通事故の被害者は日常的に感じている症状や、その症状がさらに悪化した痛みを訴えます。同じ目的のテストには、ジャクソンテストと呼ばれるテストもあります。

②筋萎縮テスト

神経の麻痺が継続的に起こっていると、筋は萎縮をしていきます。筋萎縮検査では、この筋萎縮の程度を測る検査で、両上肢の肘関節の上下10cmのところの上腕部と前腕部の腕周りを計測します。

③深部腱反射テスト

深部腱反射テストでは、腱をゴムのハンマーで叩き、筋に刺激を与えたときに起こる反射(筋収縮)を調べます。正常な場合であれば上腕二頭筋は屈曲し、腕橈骨筋の場合は、前腕が屈曲し上腕三頭筋は伸展します。しかし、脊髄に異常がある場合は、反射は亢進を示します。また、神経根に以上が認められるときは、反射は低下あるいは消失します。

むちうちの判別検査はそのほかにもございますが、当事務所においては上記の3テストを重点的に行い、むちうちの判別を行なっております。また、むちうちの状態に合わせ、適切な後遺障害認定に必要なサポートをさせていただいております。交通事故に遭い、むちうちかどうか分からない場合は、お気軽にご相談下さいませ。

むちうちに関するコンテンツ一覧

むちうちとは?

 

むちうちの判別検査

 

むちうちで後遺障害認定を受けるためには



交通事故問題について

  nagasawa-egao0005.png
 
ilm05_ca02019-s.png   料金表について
ilm05_ca02019-s.png
交通事故問題解決までの流れ
ilm05_ca02019-s.png   加害者の3つの責任
ilm05_ca02019-s.png   後遺障害に関する損害
ilm05_ca02019-s.png   請求できる損害
ilm05_ca02019-s.png   交通事故で使える保険
ilm05_ca02019-s.png   保険会社の請求に納得できない!
ilm05_ca02019-s.png   後遺障害の認定に納得できない!
ilm05_ca02019-s.png   交通事故に遭ってしまったら・・・



奈良市の交通事故問題のことなら奈良交通事故被害者相談にお気軽にご相談ください。

 交通事故問題に関するご相談は、奈良交通事故被害者相談へ

 






 


 
事務所案内.PNG  
 
ast_20983.JPG
奈良交通事故被害者相談の案内
事務所の特徴.PNG
奈良交通事故被害者相談の特徴
弁護士紹介.PNG
奈良交通事故被害者相談の弁護士
アクセス.PNG
  奈良交通事故被害者相談へのアクセスはこちら
バナー1-1
事故直後からの相談対応
後遺障害認定をサポート
明瞭会計、早期解決の徹底
適正な賠償金獲得
交通事故の専門家によるトータルサポート

Contents menu

Access 対応エリア
Copyright © 2010 弁護士法人i 奈良法律事務所 All Rights Reserved.
〒630-8238 奈良市高天市町11番地1 高天飯田ビル301号室